ダイエットで停滞期を迎えたら…プチ断食を取り入れるのがおすすめ

バランスのいい食事や運動を取り入れて、少しずつ体重を減らしてきたけれど、
「最近体重が減らなくなった。」 そんな停滞期を迎えると、
なんだかモチベーションも下がってしまいますよね。

しかし、ダイエットに停滞期はつきもの。ここを乗り越えれば、
また痩せることができるので、なんとか乗り切りたいところ。

そこでおすすめなのが、酵素ダイエットでお馴染の「プチ断食」です。
プチ断食の効果は、「絶食」での一時的な減量と思われがちですが、
それだけではありません。

一定期間固形物を食べないことで内臓を休ませ、消化酵素の生産を抑えます。
この消化酵素の生産を抑えることで、生産が増えるのが「代謝酵素」です。


ダイエットの停滞期を迎えた体の代謝酵素を増やすことで、 痩せやすい体を作ります。
また、プチ断食には「空腹」がつきものですが、空腹の時こそ、体は体脂肪をエネルギーに換えて筋肉を動かす
働きをします。断食中は特別な運動をしなくても、空腹を感じて普段の生活をしているだけで、
脂肪を燃焼させることが可能です。

ダイエットの停滞期と痩せ期を上手に活用してダイエット

女性の場合、ダイエットの痩せ期と停滞期は、
生理期間を挟んでワンセットと考えて
うまく活用するのがおすすめです。

一般的に生理中は代謝が落ち、水分を溜め込みやすいので痩せにくいと言われています。
また、生理の1週間〜2週間前は食欲が強くなる人が多いのでついつい食べ過ぎてしまう人も
多いでしょう。

大幅減量に成功した人の経験によると、生理の1週間位前はお菓子などが食べたくなり、体重が1キロぐらい増えるそうです。
その後生理になると、さらに体が浮腫みやすく体重も減らなくなるので、ダイエットが停滞したように感じ、
落ち込むこともあったそうです。

しかし、生理後にふたたび食事のコントロールや運動をきちんと行うと、結果的には1か月前より痩せていたそうです。
このようにダイエットは一進一退で少しずつ減少していくのが一般的。特に、5キロ以上のダイエットを考えている人は
短期間での大幅な減量は体に負担をかけ、またリバウンドもしやすいので、この点について
理解しておいた方がよいでしょう。

痩せ期とプチ断食を組み合わせて停滞期の分を取り戻す!

プチ断食をする場合にも、生理後の「痩せ期」に行うのが比較的やりやすく、
体の代謝もアップしているので効果が出やすいでしょう。

生理中は避けるのはもちろんのこと、生理前の食欲が強い時期に行うのも、
イライラしやすいので避けた方が良い
です。
生理が終わって、心も体も一番調子のいい時に行うことで、プチ断食を最後まで行うことが出来、
効果も出やすいです。 また生理前の暴飲暴食で食欲が膨らんでしまった場合にも、
もう一度コントロールしなおすつもりでこの時期に行うと、 停滞期の分を取り戻すことが出来るでしょう。



ダイエットの停滞期を迎えたら、プチ断食を取り入れてみましょう。女性の場合は生理日を挟んで「痩せ期」と「停滞期」があります。
酵素ダイエットをする場合にも、このリズムについて把握しておいた方がよいでしょう。プチ断食は「痩せ期」に行うと、代謝も良い時期ですので、他の時期より効果が出やすいでしょう。
ただし生理前や生理中はおすすめしません。

Copyright © 酵素ダイエットの方法なら【タイプ別おすすめガイド☆】 All rights reserved